日本と海外のアニメの違い

アニメ業界で度々話題になるのが、日本のアニメと海外のアニメの違いです。どちらのアニメーションという分類ではありますが、日本のアニメと海外のアニメでは、それぞれ持たれる印象が違うようです。

日本のアニメと海外のアニメの違いを挙げると、「描画の違い」、「ストーリー性の違い」という2つが真っ先に挙げられます。

日本のアニメの場合、マンガや小説といった土台になる物が存在して、長編アニメが主流のため、ストーリー性も長く見てもらうため、ストーリーも濃い物になります。

一方で海外アニメの場合、「アニメは子供が見るもの」という印象が強いということ、そして日本の用にマンガなどの土台となる文化がそこまで一般的な物として認識されてきていなかった点など、日本のアニメとの違いがあります。

このサイトで紹介している「Monster buster club」も海外アニメです。フルCGで描画されているアニメに対して日本では未だ受け入れにくいようですが、これも海外アニメと日本アニメの市場の大きさが影響しています。

日本のアニメ市場は4000億円ほど、一方でアメリカのアニメ市場は150億円ほど、実に26倍の市場差があります。
そのため、それぞれのアニメ制作現場では掛けることが出来る予算も違ってきます。海外アニメの多くがフルCGを多く取り入れているのも、低コストで制作することが出来るというのが理由の一つです。

最近では、CG技術も向上して、フルCGアニメーションも成長しているので一概に低コストで制作出来るとは言えなくなってきましたが、こうした部分で海外と日本のアニメに違いがあります。

Copyright© 2016 Monster buster club探偵 海外アニメをご紹介 Site All Rights Reserved.